歯周病治療は歯科での治療と正しい歯のお手入れから

バナー

歯周病治療は歯科での治療と正しい歯のお手入れから

歯周病の原因は歯と歯茎の境や、歯の表面に沿った歯茎の縁より下の部分に溜まった汚れや磨き残しの歯垢、そして沈着した歯石などによって引き起こされる場合がほとんどで、糖尿病などの全身状態が悪くなりやすい持病のある人は悪化しやすい上に歯周病治療の成果もなかなか上がらず治りは遅いものです。

自宅での歯磨きや市販されている歯周病への効果をアピールする塗り薬、または洗口液の使用で一時的に炎症や不快な口臭などを軽くすることはできるかもしれませんが、どれも原因そのものの解決には至らないのですぐにまた元の状態に戻ってしまいます。



根本的な歯周病治療は歯科医での治療を受ける以外に方法はありません、歯科では原因となる汚れの徹底した除去に主眼を置いて行われ、特殊な形状と刃先を持った器具を使っての手動や超音波の力を利用したスケーリングと呼ばれる歯石の除去、そして場合によってはルートプレーニングと呼ばれる麻酔をした上で歯茎を一部切開し、歯の根元に近い奥深い場所の歯石の除去なども行われます、こういった施術により汚れや歯石は取り除かれ、歯の表面は滑らかとなり歯周病菌の絶対数も減るので歯茎の炎症は次第に治まって固く引き締まり回復へと向かいます。



また、それと並行して正しい歯みがきの仕方やデンタルフロスや歯間ブラシの使い方の指導も行われます、喫煙者にはタバコが歯茎の健康に与える悪影響と歯周病治療の障害となりうる仕組みの解説と改善のための禁煙アドバイスが行われる場合もあります。