歯周病治療とその予防

バナー

歯周病治療とその予防

歯茎から出血をしたりあるいは歯磨きをしているときに出血をしたりする場合があります。


このとき、歯医者に行って診てもらうと、歯周病だと言われる場合も想定されます。
その歯周病治療に当たっては、歯茎からの出血箇所の確認をして、歯周ポケットの深さをチェックすることでしょう。



その上でその歯周ポケットにたまっている歯石や歯垢の除去及び細菌等がいる場合は、それらの除去を経てから歯周ポケットがこれ以上広がらないように、歯磨き指導も行われることがあります。
歯磨きを丁寧に行っていると徐々に出血も治まります。

歯周ポケットの広がりも徐々に引き締まり、やがて痛みなどを感じていた場合にあっては、それもなくなっていきます。



歯周病治療は完全に歯周ポケットの掃除が終わった後に、引き締めを図るための歯磨き指導などを行うことがあり、歯と歯茎の間及び歯周ポケットに歯ブラシを当てて掻き出すようにするなどの指導が行われていきます。

その後の状態のチェックを定期的に行うこととなりますが、歯周病治療自体は出血などが終わればその後は経過観察で済ませることもありますので、主治医である歯医者の指示に従って日々の手入れを行うことが求められます。
なお、その後も定期的に受診を続けて、虫歯や歯周病などにならないように予防を図るとともに、歯石の除去や歯垢の除去、口の中のクリーニングを経て定期的な受診が求められるところです。

歯周ポケットの深さのチェックやレントゲンなども撮影される場合もあるでしょう。