積極的に歯周病治療を

バナー

積極的に歯周病治療を

歯周病はよく耳にしますが、どこか人ごとだと思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし実態は、成人の8割が歯周病にかかっているという統計もあるくらい一般的な病気なのです。


にもかかわらす、歯周病治療を積極的に行う人は意外と少ないのが現状です。
歯磨きの時にしみる程度だし、そんなに痛くもないし…とあまり気にしないで放置しておくと、実は大変なことになるかもしれませんよ。



歯周病は虫歯になりやすくなったり、将来歯が抜けてしまったりというリスクがあります。

そこまでは誰でも想像ができることだと思います。

しかし歯周病は口の中の症状だけでなく、全身の疾患に影響を与えているということが近年わかってきています。


歯周病を引き起こす歯垢の中には、様々な歯周病や虫歯の原因菌が棲みついています。

これらの菌が腫れて出血した歯ぐきから血管に入り、全身に移動することによって動脈硬化や心筋梗塞などの重篤な病気の原因になるのです。
また糖尿病のコントロールが困難になり、症状が悪化したりすることもあります。

口の中の細菌が誤嚥によって肺炎に入ると、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性もあります。



これらはすべて生命にも関係してくる重大な病気です。



これらの病気を予防するというだけでなく、生涯にわたり自分の歯を残すことは生活の質や健康においてとても重要なことですから、歯周病治療は積極的に行うべきでしょう。

最近は歯科医でも歯周病治療に力を入れているところが多くなっています。


自覚症状がなくともまずは検診のため、歯科医に足を運んでみてはいかがでしょうか。